目標設定のコツ② あいまい目標→具体的目標

2013/01/31 21:39 に 前田寛之 が投稿
【jogg(ジョグ)活用ワンポイント】
こんにちはトーマツイノベーションの前田です。

目標設定のコツ②
あいまいで達成イメージがつきにくい目標だと、どうしても達成への行動に
つながりにくくなり、現状どこまでできているのかも分からないため行動の改善
も進まないと思います。

抽象的であいまいな目標はどのようにすると良い目標になる?

≪あいまいな目標例≫
・新規営業力の強化
・営業マニュアルの作成
・商品知識の習得
・○○システムの導入
・教育マニュアルの作成
・事務処理ミスの削減
・業務効率化の実現

あいまいな目標を、具体的でイメージしやすいものとするために
①『その結果どうなりたい?』
②『どれぐらい?』
③『いつまでに?』
の質問を繰り返してみてはいかがでしょうか。

≪より具体的な目標例≫
・新規営業で3ヶ月後受注20件獲得
・営業で3ヶ月後に見込客を常時40件もてるような状態にする
・営業マニュアルの作成により新人が3ヶ月で20社の見込客を作れるようにする
・商品ごとにお客様活用事例、他社商品との違い、導入のメリット、導入障壁への回答、主要顧客のすべてを3つ言えるようにする
・○○システムの導入により○月までに納期を平均10日短縮
・教育マニュアルの整備により○月までにアルバイトの事務処理ミスを○件以内に抑える
・3か月後までに事務処理ミス件数を前年同期比20%削減する
・業務効率化により○月末までに月の総残業時間を○○時間以内に抑える


具体的にする過程で、目標に対するイメージがわいやすくなり、実行に落とし込みやすくなると思います。

今後、目標の設定・実行・改善(PDCA)についてのコツを発信していきます。
来期の目標設定にお役立てください。

目標管理+タスク管理+コミュニケーションツール=jogg(ジョグ)をぜひ活用してみてください!
無料で使用できます! → www.jogg.jp
Comments