成長・挑戦するために大切な考え方とは?

2013/02/12 0:25 に 前田寛之 が投稿

【ビジネスのコネタ】
こんにちは、トーマツイノベーションの前田です。
本日は人間の成長および成功を左右する大切な考え方、理論をご紹介いたします。
皆さんはいかがでしょうか?少し長いですが、ご自身の心に手を当てて読んでみてください。

キャロル・S・ドゥエックという方が提唱した、『固定的マインドセット』と『成長志向のマインドセット』のお話です。

『固定的マインドセット』の人は、知能や才能は生まれながらに決まっていると信じる傾向が強い。なので失敗は自らの重要性とアイデンティティを脅かすものに映る。
肩書や社会的評価で自分の価値を確認しようとする傾向がある。挫折や厳しい局面、才能あるライバルを脅威と感じ身を守ろうとする。

『成長志向のマインドセット』の人は、知能や才能は努力によって伸びると信じ、失敗や挫折を成長のための機会と考える。常に新たな挑戦によって自らの限界を広げていこうとする。

成果を出した結果、知性と能力を称賛されると『固定的マインドセット』が強まり、
成果を出した過程の努力を称賛されると『成長志向のマインドセット』が強まるようである。


また研究で人のマインドセットは長い時間をかけて徐々に固定的マインドセットへと進行するようだ。
気を付けないと・・・。
人間は誰しも両方のマインドセットを持っており、努力によって成長志向のマインドセットを発達させることができるという。


成長志向のマインドセットを持つために以下のことが効果的なようである。
①成長志向のマインドセットという存在を知り、それが伸ばせることも理解する(忘れないように見える化するとよい)
②まずは自分がどちらのマインドセットが強いのかを考える(己を知る)
③過去のできなかったことができるようになった経験を思い出し、1歩1歩実行する

松下幸之助さんも『人は誰でも無限の可能性をもっている』といわれていたがまさにその通りなのだと感じます。

シリコンバレーの文化の本質的な部分には、失敗を恐れずにチャレンジすることで成功への道が見つかるという考え方が根付いているそうだ。だから強いのですね。
まさに成長志向のマインドセット!

この考え方を大切にして道を開いていきたいものです。


jogg(ジョグ)にも成長志向のマインドセットを持つために具体的なしくみが入っています。

達成した成果よりも、目的に向かって日々一歩一歩実行することに重きを置いています。
日々の実行した過程を周りから『グッジョブ!』してもらうことで、成長志向のマインドセットを高めていく。
その結果、最終的に目標を達成することができる!!
そんな思いがこもった、Webサービスなんです。

他にも、科学的な根拠に基づいて作っていますのでぜひ一度活用してみてください。
すぐに使用できます! → www.jogg.jp
Comments