【開発奮闘記】ネーミング

2013/01/16 0:36 に 前田寛之 が投稿   [ 2013/01/20 17:01 に更新しました ]

こんにちは、トーマツイノベーション jogg事務局の前田です。
今日はネーミングの苦労について。

jogg(ジョグ)というサービスのネーミングは本当に苦労しました・・・。何百という中からようやく・・・。
ネーミングって本当に難しいですよね。

ネーミングってどうすれば成功するんでしょうか?6つのポイントを洗い上げて見ました。
  1. 覚えやすい(短い)
  2. 名が体を表している(意味がある)
  3. 一般用語ではない(斬新さがある)
  4. 濁音・破裂音がある(発音上強い)
  5. 他社に使われてない(商標・URLなど)
  6. 社員が愛着を持てる(商品への愛)
フェースブック、エバーノート、ツイッター、ドロップボックス、セブンイレブン、アンドロイド、ポストイット、ワンピース、ゴルゴ13、ジョジョの奇妙な冒険・・・
すいません少し私の趣味にずれてきました。


繰り返しっていうのも強い力がありますよね。
リンダリンダ、アンメルツヨコヨコ、レディーガガ、ニコニコ動画など


足し算で意味のある造語にするなんてのもいいですね。
ポテト+チップス、Internet+phone、ライフ+ネット、スカイ+ツリー、aqua+quality、ごはん+パン、明日+来るなど


皆さんはどう思いますか?

正解なんてないですね。
joggという名前ははたしてよかったのか?これから愛着を持っていただけるようがんばります!

jogg公式サイト
joggのフェイスブックペ-ジ
Comments