チャレンジに必要な要素

2013/05/12 23:40 に 前田寛之 が投稿


【jogg(ジョグ)の思想】
こんにちはトーマツイノベーションの前田です。

今日はjoggの思想の一つである『自ら目標にチャレン
ジし、実行に集中する環境を創る』についてです。

「目標達成のために自ら考えて実行する状態=自走状態」になってもらうために、目標をどのように創るかがポイントです。
社員に目標を自分で考えてもらい、自分で決定(決断)し、それに対してチャレンジをする状況を創りだすことが大切です。

上から目標を与え押し付け管理することで、目標達成に向けて会社・上司が言ったことを実行させることはできます。ただそのような状況というのは、権力や圧力、恐怖によって言われたことをやらされている状況、操られている状況となってしまうことにもつながりかねません。成果は一時的には上がっても、長続きせず、上司の管理工数・負荷が増え、成長にはつながりにくいという結果を招きます。

チクセント・ミハイによると「能力に見合った目標を自分で決めることが、挑戦につながる」と伝えています。「目標を会社・上司が与える(=押し付ける)」のではなく「部下が自ら決める」という考え方を持つことが最初のステップです。

また、人が自ら仕事に楽しさや喜びを感じて、集中した状況(フロー状態)を作り出すために以下のことも伝えています。
「人は、自分が今やっていることについて、挑戦の度合いと、自分の有しているスキルのバランスがとれているときに喜びと満足を感じる」

高すぎる目標は人を不安な状況に陥れ、集中できない状況になってしまう。
低すぎる目標は人の力を発揮させずに、退屈(無気力)な状況をを誘引してしまう。
社員一人一人が自分の能力に見合った目標を自分で決定し挑戦する環境を創ることが大切ではないでしょうか。

joggの思想を実行し、多くの方が自走人材に変身しております。
是非お試しください。

joggの思想は以下のセミナーで詳しく解説しております。
<自走集団の創り方セミナー>無料お申し込みはこちら → www.jogg.jp

自走人材を創る意識 + 自走人材を創る環境(jogg) = 自走人材の創出

自己成長社員への道セミナーのご案内

2013/05/12 23:38 に 前田寛之 が投稿


【セミナーのご招待】
お客様をセミナーに無料ご招待させていただきます。
こちらのセミナーは『若手リーダ
ー、リーダー候補、社員』様向けのセミナーです。

経営者・管理職が自走やPDCAの本質を理解しても、社員のみんなが理解をして、自ら自走していきたいと感じてもらわないとなぁ。そのためにはどうしたらいい?という声をたくさんいただきます。

それを解決するために、社員様向けに開催するセミナーが『自己成長社員への道』です。
社員の方々にお勧めいただけると効果があると思います。

このセミナーの対象者はリーダー、リーダー候補及び社員となります。
参加した社員の方に自走することが本人にどんなにメリットがあるのかをお伝えし、自分から自走したいと思っていただくためのセミナーです。

経営者・管理職様向けには先日お伝えした『自走集団の創り方セミナー』へ、若手リーダー、リーダー候補及び社員向けには『自己成長社員への道』へご参加ください。



『自己成長社員への道セミナー』
~仕事を充実させ、成果を出す人材になるための秘訣とは~

これからの時代に適応する人材になるために必須となる考え方と具体的方法をお伝えいたします。
参加者自身に『自走することが自分にとって必要だ』と感じていただき、自ら自走の一歩を歩みだしてもらうことがゴールです。

《セミナー内容》
  ■ 仕事の充実度の自己分析
  ■ どうすれば仕事が充実するのか~ひとつの考え方~
  ■ 成果を出す社員がやっている目標設定と実行方法
  ■ 周囲の環境を活かす
  ■ ツールのご紹介


東京会場  5/16(木) 5/20(月) 16:00~18:00
http://www.ti.tohmatsu.co.jp/website/tokyo/themeseminar/950/OTH1000815/detail.html#TpageLink

大阪会場  5/24(金) 6/11(火) 16:00~18:00
http://www.ti.tohmatsu.co.jp/website/osaka/themeseminar/950/OTH1000823/detail.html#TpageLink

名古屋会場 5/24(金) 6/19(水) 15:00~17:00
http://www.ti.tohmatsu.co.jp/website/nagoya/themeseminar/950/OTH1000824/detail.html#TpageLink

目標管理 + タスク管理 + リアルタイムコミュニケーション = jogg
weww.jogg.jp

自走集団セミナーのご案内

2013/05/12 23:35 に 前田寛之 が投稿   [ 2013/05/12 23:36 に更新しました ]


【セミナーのご招待】
お客様をセミナーに無料ご招待させていただきます。
社員が自走するための人間メカニズムと具体的成功施策を
お伝えします。ここでしかお伝えしていない特別なセミナーです。


『自走集団の創り方セミナー』
~社員が自分で走り出すしくみ~

自走する人財を育てる方法をこのセミナーでお伝えいたします。
永続する会社となる近道は、人財が成長する会社づくり。
3年後も今と変わらぬままか?3年後に自走社員がいる強い会社になるか?

《セミナー内容》
 ■  自走集団とはどんな集団か?
 ■  自走できてない集団はどこが課題か?
 ■  社員が自走する環境とは
 ■  社員が自走するためのポイント
 ■  これで社員が自走する簡単シートの提供 

東京会場  5/14(火) 5/21(火) 10:00~12:00
http://www.ti.tohmatsu.co.jp/website/tokyo/themeseminar/950/OTH1000661/detail.html#TpageLink

大阪会場  4/25(木) 5/21(火) 10:00~12:00
http://www.ti.tohmatsu.co.jp/website/osaka/themeseminar/950/OTH1000665/detail.html#TpageLink

名古屋会場 4/23(火) 5/28(火) 10:00~12:00
http://www.ti.tohmatsu.co.jp/website/nagoya/themeseminar/950/OTH1000666/detail.html#TpageLink

面白いお話だと思いますのでぜひご参加ください。
マネジメントの方は必須の考え方です。
皆さんと顔を合わせたコミュニケーション楽しみにしています!

weww.jogg.jp

目標管理の目的とは

2013/05/12 23:32 に 前田寛之 が投稿


【jogg(ジョグ)の思想】
こんにちはトーマツイノベーションの前田です。

多くの企業様を見させていただき、『目標管理がう
まく機能していない』現実をたくさん見てきました。
どうして社員の作業負荷ばかり増え、モチベーションも上がらず、成果も出ないのか?
そして、そのうち目標管理が形骸化してしまうのか?

うまくいかないのは、目標管理に対する以下の『考え方』が問題となっていることが多いと感じています。
×目標管理が社員の行動・成果を管理するツールとなっている
×目標管理が人事評価のための道具になっている (成果主義人事制度の手段として目標管理を使ってしまったのが問題)

では、目標管理は何のための道具なのか?ピーター・ドラッカーはこう伝えています。
『目標管理の最大の利点は、自らの仕事ぶりをマネジメントできることである。自己管理は強い動機付けをもたらす。自己管理による目標管理こそマネジメントの哲学たるべきものである。』(マネジメント 基本と原則 P.F.ドラッカー著、ダイダイヤモンド社)
つまり目標管理の目的は、自己管理(セルフメネジメント)ができることではないでしょうか。
自己管理(セルフマネジメント=自走)できる人材が育った結果、成果という果実が得られるという順序が正しいのだと思います。

目標管理(PDCA)は個人・企業が成長するためにはとても大切な要素です。
ただ、本質を理解せず安易に導入してしまうと成長どころか、足かせにすらなるという現実をもう一度認識する必要があると思います。

目標管理を自己管理できる人材を育てる道具として使っている企業様は、とても大きな効果を得ています。
効果を出すための正しい使い方と具体的方法を知りたい方は、ぜひ一番下でご紹介するセミナーにお越しください。
また、Facebookでも今後お伝えしてまいります。

ちなみに、『虚妄の成果主義』を書かれている高橋教授は、こんなことを言っております。
成果を賃金にダイレクトにつなげると、やる気が上がる、生産性が上がるというのは迷信である。
逆にやる気も、生産性も下がるというデータも出ている。

目標管理は何のための道具なのか?
目標管理の出発点(考え方)をまずは見直してみるところから始めてはいかがでしょうか。

先が見通しにくい時代で勝ち抜くためには、自ら考え実行する(自己管理できる=自走する)人材を早急に創ること。
その結果が3~5年後の会社を左右するのだと思います。

社員がやる気になり、仕事が充実し、自ら考え実行(自走)し、その結果成果が出る。
そんな人づくり風土づくり始めませんか。

<自走集団の創り方セミナー>無料お申し込みはこちら → www.jogg.jp
自走人材を創る考え方 + jogg(ツール) をお試しください。

自主性を高める

2013/05/12 23:31 に 前田寛之 が投稿


【言葉の力】
今日は自ら考え実行する(自走)人材になるために大切な環境づくりについてです。

人が自走するための原点は、自分で目標(ゴール)を決める
ことではないでしょうか。
人から決められやらされている状況では、自走はしないと思います。

どんなに小さくてもいいから、自分で目標を決める。
仕事の中でやりたいこと、得意なことを目標に持つのがいいのではないか。
それに向かって動き始めたとき、自主的にチャレンジが生まれる。
その結果仕事が楽しくなり、仕事に集中でき、仕事から達成感を得られる。
そうして自ら考え実行する(自走)人材への道が開けていく。

会社や上司が『社員に自ら目標を決めてもらう(自走の出発点となる)』環境・仕組みを創っていますか?
結局、最終的に会社や上司が社員の決めた目標を修正し、押し付ける結果になっていませんか?
自走する人材を創ろうとすることは、会社や上司の覚悟がいることなのだと感じます。

会社は続くことが大切なことです。
短期ではなく長期的な目線で考えないと、長く続く会社は作れないのではないでしょうか。
長く続くためには人材が大切だ、会社は人材で決まると思われているのであれば、3年後に人材が育つ環境・仕組みについて、『今』考えてみてはいかがでしょうか。


皆様は、この土光さんの言葉からどんな『気づき』を得ましたか。

どんな仕事であろうと、それが自発的主体的に行動できるような仕組みになってくれば、人々はそこから働きがいを感ずるようになるのだ。
仕事の種類や程度よりも、仕事のやりかたが問題にされねばならない。
『出展:新訂経営の行動指針/産能大学出版部』

『気づき』が人を変える。言葉の力。

自走人材育成するノウハウ + ツール = jogg(ジョグ) 
www.jogg.jp

競争の意味は?

2013/05/12 23:30 に 前田寛之 が投稿


【ビジネスのコネタ】
こんにちはトーマツイノベーションの前田です。

自走(自ら考え実行)する人間になるには、
まずは自ら目標を定めそれにチャレンジすることが原点だと思います。
自走人財を生み出すことはできませんが、自走のためのチャレンジ(挑戦)を促進するためには、仲間との『競争環境』も大切だと思います。

競争についてフロー理論で有名な、チクセントミハイさんはこんなことを言っているのでご紹介です。

「競う」の語源はラテン語の「con petire」、つまり「共に追求する」である。
それぞれが自分の可能性の実現を追求するが、これは自分がベストを尽くすよう他者に強く迫られる時、より容易なものになる。
もちろん競争は、注意が主にその活動それ自体に集中しているときに限って経験を向上させる。
もし外発的目的(相手を負かす、観客受けを狙うなど)が関心の的になるならば、競争はその時その時に起こっていることに意識を集中させる誘因となるよりも、むしろ意識を拡散させる原因になるだろう。

挑戦を見つける簡単な方法は、競争状態の中に身を置くということである。競争という挑戦は複雑で楽しい。
しかし心の中で全力を尽くすより、相手を倒すことが優越すると楽しさは消滅しがちになる。
競争は人の能力を完全に発揮する手段となるときにのみ楽しい。
競争それ自体が目標になると、面白さは失われてしまう。


皆さんの組織ではどうでしょうか?
「共に追求する」ことができていますでしょうか?

いつの間にか競争に勝つことが目的、もしくは競争に負けないことが目的になっている人はいないでしょうか?
社外を見て目的を追求するのではなく、社内ばかり見て一喜一憂している人はいないでしょうか?
そこに目を向けた人は仕事からくる充実、面白さを得ることができなくなっているかもしれません。


目標の実現を意識することに集中する環境を創り、競争によりそれを更に促進させる。
そんな要素が含まれているツールjogg(ジョグ)をお試しください。

真の目標管理 + 生産性を変えるタスク管理 + 成長を促進するコミュニケーション
jogg(ジョグ) www.jogg.jp

上司の心得

2013/05/12 23:28 に 前田寛之 が投稿


【言葉の力】
人の育成について伝える、山本五十六さんの言葉です。
皆様は、この言葉からどんな『気づき』を得ましたか。

『気づき』が人を変える。言葉の力。


~ 自走人材育成ツール jogg(ジョグ) www.jogg.jp ~

仲間との切磋琢磨がチャレンジを生み出す

2013/05/12 23:27 に 前田寛之 が投稿


【ビジネスのコネタ】
こんにちはトーマツイノベーションの前田です。

引き続き、『自ら考え実行する人財が育ち
やすい環境』創りの6つの要素の詳細についてです。
①存在意義・価値観の共有(育成対象者)
②組織への貢献を自ら考える
③目標を自ら考え決める
④実践する仕組み(PDCA)
⑤上司からの『気づき』『サポート』
⑥仲間からの『刺激(ライバル意識)』『励まし』

今日は『⑥仲間からの「刺激(ライバル意識)」「励まし」』について思うことをお伝えします。

本質的に人は自分で考え決定し実行することで、仕事そのものに面白みを感じることが、自走にとってとても大切だと思います。
ただ、一人ですぐに仕事に面白みを感じて没頭する領域に入るのが難しいこともあるでしょう。

そこで周囲の人の力を借りるというのも、組織では大切なことではないでしょうか。
組織として周囲の社員の力を活用し、本人がチャレンジをし、力を発揮する環境づくりを行うために・・・。

人間は人(ライバル)との競争する環境によって、「あの人には負けたくない」「あの人すごいな、私も頑張らないと」といった、適度な危機感をもって物事に取り組むことができます。
競争する環境は人が育つ上で重要な要素ではないでしょうか。

過度な競争環境にしすぎて、競争に勝つことが目的になってしまうのは問題ですが、そもそもの目的を意識しながら適度に競争できる環境は必要だと思います。
あくまで目的は、目標に向かって自走して取り組むことで、相手を打ち負かすことではないのでバランスは必要です。

皆さんの会社では社員の自走・成長をサポートするためにどのような環境を提供していますか?
仲間・同僚・ライバルの力を活かしてますか?

ブックオフコーポレーションを創業し軌道に乗せた後、新たな飲食事業を展開するバリュークリエイトを創業した坂本社長をご存知でしょうか。
バリュークリエイト株式会社は「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」「俺のやきとり」「俺の焼肉屋」などを運営する会社です。
坂本社長も競争環境を人財育成に活用されているのを見ました。

志を共有した一流の料理人に店を任せ、その店のトップ同士で競争させ切磋琢磨をさせています。
メニューの開発なども他店の料理長に試食してもらい、一流のシェフ同士厳しい意見をもらいながら志を実現するためにチャレンジする。
それによって、プロの料理人がより大きな力を発揮し新しいものを創造していく。
すばらしい環境だと思います。
当然その先のゴールを目指すための『競争』であることは前提だと思います。

競争環境のためにはオープンな組織、見える化というのもポイントになってくるのだと思います。

そんな環境づくりのために、仕事を見える化し、仲間の仕事ぶりから刺激や学び、気づきをもらえるようにしてはいかがでしょうか。

jogg(ジョグ)はそんな環境を組織的に作り出すことができるツールです。
真の目標管理 + 生産性を変えるタスク管理 + 成長を促進するコミュニケーション
jogg(ジョグ) www.jogg.jp

【新機能】目標のカラーによる識別

2013/05/12 23:25 に 前田寛之 が投稿


【お客様の声から新機能追加】
仕事を整理整頓して、一目でわかる状況にするのに最適な機能です。

≪お客様の声≫
目標/仕事のテーマごとに色分けして目的別にわかりや
すく管理したい!!
カラーで識別し目標・仕事を探すストレスをなくしたい!

≪どう使うの?≫
目標作成時に目標カラー色を5色から選択ができます。
一度選択した色も後から目標の右上にあるギアを開きいつでも変更できます。

≪どんなときに使うの?≫
目標や仕事の種類ごとに色分けしてわかりやすく管理したい場合
例)目標→青、日々の業務→ピンク、他人と共有しているプロジェクト→緑、自己啓発→紫 など

jogg(ジョグ)サービス www.jogg.jp

【新機能】シークレット(非公開)機能

2013/05/12 23:24 に 前田寛之 が投稿


【お客様の声から機能追加】
これもあると嬉しい機能です。特に管理職層以上は使いやすくなるのでは?

≪お客様の声≫
公開したくない個人的な仕事も管理したい

見られたくない仕事も全てjoggで一元管理し効率化したい!

≪どう使うの?≫
目標を作成する際に『仕事/目標を完全非公開にする』をチェックします。

≪どんなときに使うの?≫
目標とタスクを周囲のメンバーに見られたくないときに選択します。
シークレットにした目標・タスクは本人にしか見えません。上司からも見ることはできません。
タスクを完了しても「みんなのニュース」にも公開されないので安心です。

1-10 of 59